SQL Server のユーザー定義関数(スカラー値関数)確認

      2020/06/11

生成したユーザー定義関数は、SQL Server Management Studio の
プログラミング > 関数 > テーブル値関数 ・スカラー値関数の箇所で見つけることができます。

ユーザー定義関数の作成
・スカラー関数 (スカラー UDF)         ⇒RETURNS int
・インライン テーブル値関数 (TVF)       ⇒RETURNS TABLE
・複数ステートメント テーブル値関数 (MSTVF)  ⇒RETURNS @retFindReports TABLE

※ ユーザー定義関数は、データベースの状態を変更するアクションの実行に使用することはできません。

※ 出力先がテーブルである OUTPUT INTO 句をユーザー定義関数に含めることはできません。

※ SET ステートメントはユーザー定義関数では使用できません。

※ FOR XML 句は使用できません。

※ ユーザー定義関数はストアド プロシージャを呼び出すことができませんが、拡張ストアド プロシージャを呼び出すことはできます。

※ エラー処理は、ユーザー定義の関数では制限されます。
  UDF では TRY…CATCH、@ERROR、RAISERROR はいずれもサポートされません。

※ ユーザー定義関数は入れ子にすることができます。
  32 レベルまで入れ子にすることができます。

https://sql55.com/t-sql/t-sql-alter-drop-user-defined-function.php
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/relational-databases/user-defined-functions/create-user-defined-functions-database-engine?view=sql-server-ver15

 - AccessVBA開発, SQLサーバー, 未分類