【AccessVBA】外部SQL Serverに接続

      2022/05/28

リモート接続を許可

1)まずSQLServerMnagementStudioを起動してリモート接続を許可

2) SQL Server 構成マネージャーを起動 して、 TCP/IPの有効化 →再起動が必要

[IPアドレス]タブを表示します。
有効にしたいサーバー側のIPアドレスの[有効]欄で「はい」を選択します。

※サーバー、クライアント共にIPv6が有効な場合でクライアントからサーバー名で接続する場合にはIPv6が使用されます。
IPv6を使用する場合はそのアドレスの設定も「はい」にしておく必要があります。

続けて[IP All]の項の[TCP ポート]に「1433」と入力し、[TCP 動的ポート]を空白にし、「OK」をクリックします。

[ SQL Server のサービス ] をクリックします。
右ペインにサービスの一覧が表示されますので「SQL Server (SQLEXPRESS)」(括弧内はインスタンス名)を右クリックして「再起動」を選択します。

3)Windows ファイアーウォールの設定

コントロールパネルから、Windowsファイアウォールを開いて、「詳細設定」をクリック

「受信の規制」を選択 → 「新しい規則…」を選択

「規則の種類」では「ポート」を選択

「プロトコル及びポート」では「TCP」と「特定のローカルポート」を選択し「1433」を入力「次へ」

→「接続を許可する」
→「プロファイル」では「ドメイン」「プライベート」「パブリック」のいずれもチェックをONにする
→「名前」では「SQL Server (1433)」など適当に命名

→ 同様に、

「 UDP 」と「特定のローカルポート」を選択し「1433」を入力「次へ」「接続を許可する。

参照:https://sara.jiin.com/other/sql.html

 - SQLサーバー

【AccessVBA】外部SQL Serverに接続 | ちびrobo

在庫管理•販売管理•経理システム(AccessVBA、ExcelVBA)や簡単なアプリの作成もしています。同じ悩みを持つ方と情報を共有したいと思います。

Copyright© ちびrobo , 2021 All Rights Reserved.

WordPress Theme " Giraffe "