IF分省略:resultA = ( a = 10 )

      2019/10/21

IF分は、TrueかFalseかの判定しかしない(Boolean型)ため

簡単な代入式なら、代入演算子比較演算子を用いて、

「If~Then~」の構文を使わずに条件付きの代入式を記載できる。

---------- 例 -------------

Dim a As Integer
a = 10
Dim resultA As Boolean
resultA = a = 10
'右のイコールは比較演算子、左のイコールは代入演算子であることに注意
'aは10なので、resultAにはTrueが入る。

Dim b As Integer
b = 10
Dim resultB As Boolean
resultB = b > 9
'bは9より大きいので、resultBにもTrueが入る。

Dim result As Boolean
result = resultA And resultB
'resultAとresultBはどちらもTrueなので、resultにはTrueが入る。

↓↓↓ 上記コードに問題はないが、見た目が気持ち悪いので以下の表現を推奨  ↓↓↓

resultA = ( a = 10 )
resultB = ( b > 9 )
result = ( resultA And resultB )

 - AccessVBA開発