【海外販売の決済方法①】PayPal

 世界中で利用されているペイパルは、電子メールアカウントとインターネットを使った決済サービスを提供している会社です。業界最高クラスのセキュリティと監視システムを備え、詐欺対策や買い手の認証チェック、売り手保護プログラムも提供していて、買い手側にも売り手側にも安心して利用できるシステムです。
 2002年10月にeBayの子会社となり、簡単に利用できるグローバルなオンライン決済サービスとして、eBay以外にも様々なシーンで利用されています。

PayPalとは

図1

  本質的にはクレジットカード払いなのですが、
  通販サイトではカテゴリーを分けて扱われます。
  簡単にいえば、PayPalを経由して代金を支払うシステム。

【PayPalの利用方法】

図2

PayPalでクレジットカード情報を登録

PayPalのアカウントを取得

通販サイトでPayPal支払いを選び、アカウントを入力し買い物

PayPalアカウントがあれば、通販サイトでクレジット情報を入力せずにクレジットカードを利用できます。私たち(買い手)と通販サイト(売り手)の間にPayPalが入って代金決済をする仕組みです。

PayPalの『セキュリティ』と『利用料』

PayPalのセキュリティ

•24時間、365日不正取引がないか常駐監視しています。
•情報をやり取りする際、SSLキー長168ビットという最高水準の暗号キーを使用しています。

手数料等

1)アカウント開設費・月額手数料は「無料」
※ウェブペイメントプラスをお申し込みの場合は、3,000円/月かかります。

2)決済手数料は「3.6%+40円/件(国内からの受け取り)」
         「3.9%+40円/件(海外からの受け取り)」

3)銀行口座への引き出し手数料「基本無料※」。
引き出し金額が5万円未満の場合250円/件の手数料がかかります。
※金融機関により別途手数料がかかる場合があります。

4)保留金(Reserve)が発生する場合があります。

5)支払い受領から、60日以内であれば、返金可能。キャンセル手数料0円

PayPalの『買い手保護制度』と『売り手保護制度』

買い手保護制度

•商品が届かない
•届いた商品が紹介されている内容と著しく異なる
 
という場合、PayPalが補償してくれます。
代金を支払った日から180日以内に手続きをする必要があります。

売り手保護制度

買い手がペイパルで商品を購入した際、買い手から未承認取引や商品未受領に基づくクレーム、チャージバック、支払いの取り消しがなされた場合、適用条件を満たせば保護されるプログラムです。

こんなときに

•買い手から未承認取引であることに基づき、クレーム、チャージバック、支払いの取り消しがなされた場合
•商品を発送したにもかかわらず、商品未受領であるとして買い手からクレーム、チャージバック、支払いの取り消しがなされた場合

【対象となる為の必要書類】

日本郵便やEMSなど、オンライン上の追跡サービスに対応した配送業者または宅配業者のご利用をおすすめします。買い手が未承認取引のクレームを提出した場合は、発送証明をご提出ください。買い手が商品未受領のクレームを提出した場合は、発送証明または署名確認付きの配達証明のオンライン上の追跡情報をご提示ください。

①商品未受領の保護:
   $750米ドル未満(※)は発送証明
   $750米ドル以上(※)は配達証明および署名確認
   ※その他の通貨はユーザー規約でご確認ください。
②未承認取引:発送証明

保護の適用条件

<<<PayPal売り手保護制度の資格要件>>>

PayPal売り手保護制度の対象となるためには、以下のすべての資格要件を満たす必要があります。くわしくはユーザー規約でご確認ください。

  • 商品は物理的な有形商品(ただし、自動車およびバイクを除く)でなければなりません。
  • PayPalサービスによる、買い手の保有するPayPalアカウントから受領した支払いでなければなりません。
  • 当該取引に関して単一のアカウントにおいて単一の支払いを受ける必要があります(部分的な支払いおよび/または割賦・分割払いは除外されます)。
  • 「取引の詳細」ページの配送先住所に商品を発送する必要があります。直接手渡しした商品、買い手が直接赴いて受け取った商品、または商品が異なった住所に発送された場合(たとえば、買い手がお客様に対して「勤務先住所」または「贈答先住所」等に発送するよう依頼した場合)、お客様はPayPal売り手保護制度の対象となりません。
  • 上記に定める発送要件に従う必要があります。
  • 支払いは、「取引の詳細」ページでPayPal売り手保護制度の「対象」または「一部対象」であることが記されている必要があります。「対象」と記された場合には、未承認取引および商品未受領いずれの場合も対象となります。「一部対象」と記された場合は、商品未受領の場合のみが対象となります。
  • PayPalによる資料およびその他の情報提供要請にすみやかに対応する必要があります。
  • 何らかの理由によりお客様の資格要件が停止されていないことが必要です。

PayPal決済フロー(請求から入金確認まで)

①お客様のメールアドレス宛てに請求メールを送る。

PayPalサイトを介してメールで支払い請求を送ります。顧客は、クレジットカード、銀行口座、またはPayPal残高を使用してオンラインで支払うことが可能になります。
※PayPal を利用できる203の国および地域のメールアドレスを持つ相手にお金を請求し、支払いを受け取ることができます。

オークション代金の請求、商品代金の支払い請求、また個人への送金請求も、請求書受取人のメールアドレスと請求金額を入力するだけです。請求相手には PayPal を使って支払いを実行する手順がメールで届けられます。
【★請求メールの送信方法★
請求タブより、『請求書を作成』で進み、送信します。

払い戻し

支払いの受領から60日以内であれば、返金が可能です
 返金は、商品またはサービスの購入に関する取引の場合のみ可能です。
・全額返金の場合は、元の取引手数料をお返しします。一部返金の場合は、手数料の一部をお返しします。
   (なお、固定手数料がかかる場合についてはその限りではありません)。

【★払い戻し方法★】
1)取引履歴サブタブをクリックします。
2)返金を希望する買い物の支払いを探して、[詳細]をクリックします。
3)[返金を実行]をクリック
4)返金額を入力し、[送信]をクリックします。
5)金額を確認し、[送信]をクリックします。

PayPalサイトの機能一覧

(1)取引履歴ログ
  送金や受け取りの記録をオンラインで見ることができます。

(2)ダウンロード用ログ
  取引履歴を、QuickBooks などさまざまなファイル形式でダウンロードします。

(3)月別アカウント明細
  毎月の PayPal アカウント残高に影響する出入金の一覧を表示またはダウンロードします。

(4)検索オプション
  特定の取引や一連の取引を簡単に検索できます。

PayPalから登録銀行へ出金

PayPalに引き出し用の銀行口座を登録します。
「出金」をクリックして、金額を入力し、確認後「送信」をクリックします。
「お客さまの引き出し請求は処理中です。」と表示されたら完了です。3~6営業日に入金となります。

以上ご紹介したのは、PayPalの概要ですので、最新の情報や詳細についてはPayPalの案内サイトで確認してくださいね。

About

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required